ふくいチャンネル

福井の知られざるパワースポット~足羽山の白山神社

約 10 分
福井の知られざるパワースポット~足羽山の白山神社

駅から徒歩でも行ける街の中にある山の中腹、ひっそりとした森の中にその神社はあります。

今から10年前の2009年ごろ、「パワースポット」という言葉が流行りました。

当時、福井県内の神社のなかでも全国的にも注目を集めたのが、福井市の足羽山にある毛谷黒龍神社でした。さまざまなメディアにも取り上げられ、私も何度か足を運んだことがあります。

しかし、ここ数年、私が本当のパワースポットなのではないか…と思う場所がこの近くにあります。

私の感覚は本当なのか、あるいは錯覚なのか…と自分でもわからなかったのですが、知人3人も、やはり「ここはすごい!」と言うので、恐る恐るながら、ご紹介したいなと思います。

そこは、ほとんど誰も立ち寄らないので、多くの人は「え?ここが!?」というかもしれません。あるいは、感じる人はめちゃくちゃ感じると思うので、逆に「写真を上げても大丈夫なのか?!」(罰当たりじゃないか?)とさえ思うかもしれません。

私は、子どものころから霊感はありませんでしたが、人込みが苦手で、人の気配、怒気など見えないものに敏感な方でした。

ここに来れば、目に見えないけれど「なんかすごいパワーがある!」と感じる何かがあります。ここに行けば、何かが治るというものでもないし、ご利益があるかどうかもわかりません。しかし、この山の力、大地の力、自然の力を感じる素敵な場所です。

「パワースポット」の先にあるパワースポット

全国的にパワースポットとして名高い「毛矢黒龍神社」のお守りなどが売っている建物の横に、石の階段があります。

毛矢黒龍神社境内。この右側の奥には拝殿があります。

この石段を上がっていくと、「本当のパワースポット」はあります。私がこれから紹介する神社は、この「黒龍さん」と藤島神社という二大お社の間にあるので、多くの人は通り過ぎてしまいます。が、感じる人は感じてしまうという場所なので、立ち寄ってしまう人はたまにいると思います。そんな場所ですので、だまされたと思って読んでもらえたら幸いです。

私も、行くたびに半信半疑です。だってこの日も、この黒龍さんには初詣シーズンということもあり(2020年1月3日)、この写真を撮ったお守り売り場には行列ができるほどでした。

しかし、私のお目当ては、この先。石段の前に多くの人はいるが、誰もこの階段に足を踏み入れない。そんななか、私一人がここを通っていきました。

雨に濡れて落ち葉が美しい石段です。足羽山には、このように多くの石段があります。登り切った後、完全にここからが「なんか違う…」という場所があります。

「やっぱりここはパワースポットだ」と実感した瞬間でした。

石段を登りきると、そこは平場になっていて、福井市街地を見渡すことができます。県内の大企業である、セーレンや江守商事の会社ビルがあります。

それは何の変哲もない、ただ景色が見えるなぁという場所なのですが、石段を登り切って数歩先に行くと、突然視界がクリアになるのです。見えている景色はふつうの何気ない福井市街なのに、見えてくる感覚が何か違う…。

さらにこの鳥居をくぐると、また違う感覚に見舞われます。

石段を登った先の鳥居までのゾーンは、目のあたりに強いパワーがくるような感じ。

しかし、鳥居をくぐると、今度は、お腹のあたりでしょうか…別のところにぐっときます。

今回、鳥居の前に「白山神社の由来」と書かれた掲示がありました。以前参拝したときにはなかったと思うので、ここ1~2年の間に設置されたものと推測されます。

この白山神社は、1860年、水害、火難、飢饉、疫病といった苦難を乗り越えるために建てられました。以来、付近で頻発した火災の類焼を免れた。これは氏神様のご加護によるものだ。「火除けの神」としての敬神の念はいよいよ篤くなる。昭和23年の福井大震災で荒壊した境内も、3年後盛大に修復報告祭を行うことができた。この祭神は、荒神と畏れられ、境内には神々の力が満ちていると伝えられている。現在、 「火除けの神」 として知られ、遠来の崇敬者も多い。

「白山神社の由来」より

保護するアクリル板に若干、白い汚れがついていて、時折読みにくかったのですが、要約すると、こんなところでしょうか。

「境内には神々の力が満ちている」という言葉に、あぁやはりそうか…と思わずにいられませんでした。

「神々の力」とはなんでしょうか?目に見えない、言葉でも言い表せない、けれど、そこには確実に何か「力」がある、と感じずにいられないものなのかなぁと思います。

このたたずまいに何とも言えない大きな力を感じます。

この白山神社には、周辺の毛矢黒龍神社や藤島神社のように大きな拝殿はなく、小さな祠が並んでいるのみ。鳥居があり、神社の立ち並びをシンプルに表す灯篭や狛犬があるのみ。

しかし、その先に足を踏み入れると、大きな「力」があります。

小さな神社の祠

鳥居に入る際、カメラを持って行くのがなぜかはばかられました。「神様」を軽率に撮ったら、罰が当たってしまうような気がしましたが、どうしても撮りたくなり、携帯のカメラを取り出しました。

この苔の生え具合、雰囲気になぜか力を感じました。つかみようのないことを伝えると、なんだか嘘っぽく感じてしまいますが、目に入ってくる感じがあります。この見えなくて言い表しにくい「感じ」をどうしても記録したく、もう一度ミラーレス一眼のマイカメラを持って、撮影してみました。

こちらも、これ自体は何の変哲もない祠なのですが、何か強いものを感じました。

1860年創建ということで、これらの祠自体は幕末の時期、160年前になるので、そんなに古くはないものです。歴史的な文化財が持つ重たい存在感もそんなにあるわけではありません。しかし、そこに流れる空気が何か違うのです。

祠は、全部で3種類ほどがありました。

白山神社本体の三所権現。中央に十一面観音、向かって左に聖観音菩薩、右に阿弥陀如来でしょうか。白山信仰の寺社仏閣には必ずある三尊です。

この祠の左隣に別個体の像がありました。仏像の種類はなんでしょうか?

山神様もありましたが、像としてお姿を見せません。神様の像というのはたまにありますが、基本的には偶像崇拝はあまりないです。

そして「菅原神社」。これら白山の神様をおまつりする祠が並ぶ左横に反れて、菅原道真をおまつりする祠もありました。

これらの祠を大事に守ってきた地域の方に敬意をこめて、お賽銭も置いてきました。

狛犬さんもどこか迫力ある表情をしているなぁと感じました。

この足羽山周辺でよく見られる黄色の苔が素敵でした。

祠周辺の地面には、何か大地の力が湧き出ているのかなぁと思います。この日は、雨降りでしたが、可能な限り、はだしで歩いたり、ここに座ってみたりして、ダイレクトに感じたいなぁと思います。奈良の大神神社のご神体、三輪山を登る際には、よくはだしで歩いている人を見かけます。

私も三輪山登山の時に、途中から靴を脱いだら身体が軽くなって、すっきりしていく感じがありました。こちらの白山神社でも、この祠や鳥居の周辺に座ってみると、大地のパワーをもらう感じがありました。

この辺りは、足羽山の尾根上にあたります。この尾根の先には藤島神社があり、北側の尾根上には足羽神社も位置しています。

Google mapより。

地形としても何かしらの力が働いている場所なのかもしれません。

黒龍神社の境内だった

実は、この白山神社は、現在ある黒龍神社の境内があった場所でした。

黒龍神社は、現在、この白山神社の管理をしているそうです。黒龍神社の神主さんにお話を聞いてみると、そんな事実を教えてくれました。

また、こんな不思議な話も。

以前、欅の木が境内に落ちてきたが、境内の祠には全く当たらず無事だったとか。

毎年、春と秋に祭事を行っているそうです。祭事は、黒龍神社の神主さんと、神社のふもとにある町内会の方々が行っているようで、祭事を前に町内会の方々がおそうじをしているそうです。

このように小さな神社も、地元の人たちの手によってこうして守られているんだなぁと思うと、なんだかここに来られることもありがたいことのように思います。

こんな風に思うと、神社という場所に惹かれて行ったものの、それはどこかにその場所には、土地の見えないパワーだけでなく、そこに関わっている人があるからなのではないかとも思います。

パワースポットのパワーは人からも生まれているのかもしれない

なんてね。

パワースポットで感じたおいしいパワー

  • おいしいたこ焼き

足羽山の白山神社に行った日は、初詣シーズンということもあって、屋台もいくつか出店していました。

この中でも忘れられなかったのが、おいしいたこやきです。

買った場所は、ここで紹介している白山神社ではないのですが、近くにあります。白山神社からさらに階段を昇ってすぐ先に、藤島神社があります。

この神社では、初詣やイベントなどで大勢の参拝客が訪れる時に、たこ焼き屋さんが出店することがあります。

たこ焼きイギーポップというお店で、普段は福井・片町で営業しているそうなのですが、こうして時折、出張営業しておいしいたこ焼きを売っています。

焼きたて熱々のおいしそうなたこ焼きを見て、私はすぐに買うことを決め、熱いうちにほくほく車の中でほおばりました。

明石焼きのようなふんわりとした柔らかな生地でした。たこ焼きには、油で揚げたようなカリカリ、中身はふんわりというものもありますが、こちらは、ふわ~りぺしゃんこな感じ。

冒頭の写真で、「あれ?」と思った方もいるかもしれませんが、実はソースをかけないという大きな特徴があります。味付けは、「しお」か「醤油」のどちらかだけなんです。

ソースをかけない、という一般的な味つけと違うにもかかわらず、「おいしくなかったら返金保証」という文言まで置いている…

しかし、「返金してください」にはなりませんでした。

ちゃんとおいしかったです。しかも、元気が出てくるおいしさ。口の中に入って、体の中に入っていくと、エネルギーが湧いてくるようなそんなたこ焼きでした(もちろん、主観ですので、食べた人みんながそうなるとは私も保証できません)。

ぜひ、これを読んでくれたあなたにも食べてみてほしいなと思います。

パワースポットの近くには、パワーの出る食べ物を提供している方もいました。

たこ焼きを一つ一つかみしめるたび、本当のパワーは、土地の力を生かす人にあるのかもしれない…なんて思った私でした。

たこ焼きイギーポップについて

福井市片町のたこ焼き屋です🐙
「おきな」横🏮🐙テイクアウト専門🐙
唯一無二のたこ焼きをあなたに🐙
メニューはしょうゆ、しおのみ
営業日は金土の夜19時〜25時まで🐙
#たこ焼き#福井片町#福井グルメ
2020.1.17から新年一発目の片町営業します🐙🙏今年も宜しくお願いします🐙🙏www.facebook.com/takoyakiiggypop291

たこ焼きイギーポップ Instagramより  https://www.instagram.com/takoyaki_iggy_pop/

パワーを感じる足羽山の白山神社と…?

ぜひ足羽山にひっそりとたたずむ白山神社に行ってみてくださいね。その土地のパワーを感じること、間違いなし!です(とはいえ、「パワー」を感じるかは主観ですが)。

そして神社は、必ずそこを管理している人、掃除を定期的にしている地元の方々があります。だからこそ、私たちはそこに訪れることができるのです。

その時、誰もいなくても手入れしてくれていることに感謝もすると、パワーをもっと感じられるかもしれません。

さらに運が良ければ、おいしいたこ焼きを食べられるかもしれません。おいしいパワーは何より絶大です笑。

コメント頂ければ嬉しいです。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Awesome post! Keep up the great work! 🙂

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookでシェアして頂ければ嬉しいです。

ふくい CHANNEL

福井で観光しよう!っとなって、まず思い付く物は恐竜だと思います。 しかし、福井ってそれだけ?って思う人も、いるのではないでしょうか。 私は、県外から引っ越してきて、福井県の良いところってそれだけじゃないよ!って思う所が多々あり、その良さを伝えたい!っと思いました。この場を借りて、福井の様々な訪れて欲しい場所や、新鮮でおいしい食べ物を紹介させて頂きたいと思っていますので、どうかよろしくお願い致します!
ふくい CHANNEL

福井おすすめ観光動画